物理工学EPの紹介


現代物理学を習得し、広い視野・柔軟性を養い、
革新的な技術開発の現場や国際舞台での活躍を目指す

真に革新的な技術の開発には、常に基本原理にさかのぼって考える科学的な思考法、既成概念にとらわれない柔軟性や豊かな創造性が求められます。
物理工学教育プログラム(Education Program:EP)では、20世紀に発展・完成された現代物理学を習得し、同時に学問の総合化・学際化に対応できる広い視野、柔軟性を養うことにより、革新的な技術開発の現場や国際的な舞台で活躍できる人材の育成を目指しています。

広範な物理の世界 ~宇宙・素粒子・様々な物質系~ の探求に
興味あるみなさんを求めます

本教育プログラムでは、物理学の基礎となる力学や電磁気学に加え、現代物理学を構成している量子力学や統計力学などを体系的に学び、講義・演習・実験を通じて、物理学的観点に立脚して科学・技術を理解し、新たな理工学を創出する人材を養成します。

特に高学年では、宇宙・素粒子・物性論・非線形現象などに関する新たな学問体系を目指した理学系科目と、ナノ科学・フォトニクスや超伝導・磁性などの新材料開発や極限計測などの基礎となる工学系科目を選択でき、工学または理学の学位を得ることができます。

  • 物理学的思考とシミュレーション技術を身につけて、未来の科学技術の先駆者となりませんか?
  • 複雑な現象も単純な法則の組み合わせで機能しています。これらの基本原理を身につけて、革新的な科学技術を私たちと一緒に開拓しませんか?
  • 物理ですべてを理解したいと思いませんか?

物理教育プログラムでの学びを通して、皆さんの中にある理工学を発展させ、社会の第一線で活躍する人材となることを、物理工学の教員はお手伝いしたいと考えています。

物理工学教育プログラムでは、教職に必要な科目と教科に関する科目の単位修得により、中学校教諭一種免許状(理科・数学)と高等学校教諭一種免許状(理科・数学・[情報])の取得が可能です。