横浜国大 工学部 知能物理工学科 写真〜西門から見る研究棟
総合研究棟
ホーム知能物理工学科について受験生のみなさんへ研究室一覧時間割表教務情報教職員への連絡先アクセス
知能物理工学科について
学科長メッセージ
知能物理工学科とは
人材育成
教育の特徴
   
総合研究棟ー入り口ホール
  知能物理工学科とは

■物理学の基礎から広範囲な応用まで

技術革新はあらゆる分野で常に進行しています。物理工学は生活スタイルまでも変えてしまうような大きな技術革新に際して、特に役立つ学問分野です。実際に産業の歴史を振りかえると、波及効果の大きい技術革新の多くは基礎的な科学の研究から生まれたものです。

物理工学とは、文字通り、物理学と工学とを結びつける学問分野であり、本学科では現代物理学を中心とし数学・化学などの境界領域を包含する先端学術分野の基礎から応用までの幅広い教育・研究を行っています。政府の掲げる第三期科学技術基本計画では、ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料が重点推進4分野に選ばれています。本コースでは、これらの重点推進4分野における科学技術の革新的発展に寄与するために、物理的な基礎に立った教育・研究を行っています。

■実践的なコンピュータ技術の習得に重点

物理工学科や応用物理学科は、全国でも数少ない大学にしか設置されていない特色ある学科です。これらの関連学科の中でも「知能」を冠した本学科は、情報処理科目と実験科目との一体化、講義科目との連携により実践的なコンピュータ技術の習得に重点を置いている点に特徴があります。

卒業生の多くは物理工学関係の大学院博士前期課程に進みますが、その他の人も情報、電子、計測分野をはじめ、材料、機械、化学、医療、建築、サービス等のあらゆる産業分野に就職し活躍しています。20世紀以降に発展した現代物理学を習得し、同時に広い視野、柔軟性、独創性を養うことにより、新しい学問体系や新しい産業を創り出すのに必要な基礎的能力が培われるでしょう。

 
総合研究棟入り口
コンピュータ教育
 
機械
Copyright (C) Department of Physics Yokohama National University. All right reserved.
〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台 79-5 横浜国立大学知能物理工学科