横浜国大 工学部 知能物理工学科 写真〜西門から見る研究棟
総合研究棟
ホーム知能物理工学科について受験生のみなさんへ研究室一覧時間割表教務情報教職員への連絡先アクセス
受験生のみなさんへ
求める学生像
カリキュラムの特色
学生生活
就職状況
進学状況
入試情報
オープンキャンパス
先輩からのメッセージ
知物紹介パンフレット
横国フロンティア
コンピュータ教育
  カリキュラムの特色

■基礎教育の重点化

ベースカリキュラム科目に設定する基礎分野を週2回開講します。

◎古典物理学 ----- 力学・電磁気学など
◎現代物理学 ----- 量子力学や統計力学など

講義と演習を一体化し、理解の徹底を図ります。

■実践性の重視

◎実験科目・情報処理演習関連科目を一体化
物理的実験技法の修得・コンピューター技術・制御技術・シミュレーション技術を実践的に習得できます。情報処理科目と実験科目を一体化した2年間のプログラムをコア・カリキュラム科目に設定しています。
 
◎実験・情報処理科目は少人数単位で実施
自ら測定したデータをコンピュータにより解析しながら、学生と担当教官とがインタラクティブに進めていきます

■特徴ある講義科目 

◎総合的な判断力を養う
産業界から講師を招き、物理学的方法が生かされている工学諸分野を紹介し、幅広い視野に基づいた総合的な判断力を養えるようカリキュラムが組まれています。

◎創造性や発表能力を伸ばす実習
学生自らがテーマを設定し、独力で調査と発表を行う【インベスティゲーション実習】【プレゼンテーション実習】により、創造性や発表能力を伸ばしていきます。既成の研究分野の枠にとらわれず、学際的、融合的分野にも積極的に取り組めるようにします

◎卒業研究
物理学の基礎からその工学的応用まで、広い範囲で研究課題を選べるようになっています。おもに以下のような専門分野の中から選んで研究を行い、先端科学技術を学ぶことができます。

卒業研究のテーマ

■キャリア形成を意識したカリキュラム

すべての科目が体系化され、系列科目内のみならず、系列科目間の連携が強化されている。一体化された講義・演習科目により基礎的知識および理論的な概念を身につけ、それを実験情報演習科目により実践的理解を深めることを目的とした、エンジニアとしてのキャリア形成を意識した新しいカリキュラムである。


画像をクリックすれば拡大できます。

 

■4年間の履修内容

1年次

教養教育科目と専門基礎科目 1〜3年までは
授業科目時間割表の中から必要な授業科目を選択して履修
2年次
教養教育科目と専門基礎科目(専門科目の一部)
3年次
専門科目が中心
4年次
卒業研究が中心(配属された研究室で実施する卒業研究が学生生活の中心)

グリーン
 
ただいま実験中
 
実験風景
 
工学部講義棟-A
Copyright (C) Department of Physics Yokohama National University. All right reserved.
〒240-8501 神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台 79-5 横浜国立大学知能物理工学科